読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままにおはよう

どうしたってゆるく生きたい!ゆるゆる日記

おすすめ映画 シカゴ 感想(多少ネタバレを含みます)

こんにちは!

今回はミュージカル映画、シカゴのお話です。

多少ネタバレを含みますので、ご注意を!

 

f:id:mortlove:20161027235314j:plain

 

この映画を初めて観たのは、たまたまつけたケーブルテレビの映画専門チャンネルでの放映でした。

その時、たまたま流れてきたのが『Cell Block Tango』という曲なのですが、この曲の凝った演出とセクシーな踊りに惹かれ、そのまま続きを鑑賞しました。

そのあと物語は進んでいき『We Both Reached For The Gun』という曲が流れたとき、私の目は画面に釘付けになりました。

とにかく演出が面白い!

リチャード・ギアが腹話術をしながら歌うのですが、それが素敵で面白い!

さらに記者会見に訪れた記者達との掛け合い、ダンス、曲調、歌詞、どれをとっても素晴らしく、しばらくはその映像が頭から離れませんでした。

この映画はちゃんと最初からみよう。

そう思い、次の日にDVDをレンタルして鑑賞しました。

やっぱりリチャード・ギアは素敵でした。

ミュージカル映画は(ディズニーのものを除く)かなりの数見てきましたが、これほどはまったのは初めてです。

昔、バーレスクという映画にはまっていた時期があったのですが、それよりも強烈にはまりました。 

とにかく演出が面白く、すごく素敵な楽曲も沢山盛り込まれています!

テンポも良いので時間を忘れて観てしまいますよ。

 

この映画はミュージカル映画がそんなに得意ではない方でも、誰でも楽しめる最高のエンターテイメント作品だと思います。

 

f:id:mortlove:20161028001600j:plain

『Cell Block Tang』(Chicago)より

 

f:id:mortlove:20161028001628j:plain

We Both Reached For The Gun』(Chicago)より